並行ブランド品について | ブランド買取比較の壱番.com



ブランド買取比較の壱番.com



ブランド品売る前に知っておきたい豆知識


並行品について

メーカーから正規の代理店を経由して入荷され、直接店頭に並ぶ商品のことを正規品と呼びます。

その一方で、正規の代理店を経由せず海外の正規代理店やバイヤーなどから直接商品を購入し、販売されている商品のことを並行品と呼んでいます。

並行品と聞くと、悪いイメージを思い浮かべる人は少なくありません。しかし、実際は正規のルートで入荷されていないというだけでそっくりに模倣して作られたいわゆる偽物であるコピー品とは全く異なります。つまり、商品自体は正規品となんら変わりはないのです。

では、どのような点に違いがあるのでしょうか。

異なる点の1つに、価格の相場があげられます。正規品は定価での販売なので、価格は常に一定です。高騰することもありませんが、割引もないのです。

しかし並行品は、価格設定の自由度が高いため大幅な割引があるケースも多く基本的に正規品よりも低価格で商品を手に入れることが可能です。

ただし人気のあるモデルを並行品で購入しようとなると、注文が殺到し品薄状態になってしまうため正規品よりも価格が高騰してしまう場合もあるので注意が必要です。

また、並行品には正規品を購入するとついてくる箱や紙袋がないケースが多いです。さらに、アフターサービスの内容に違いがみうけられる場合もあります。

基本的には正規品であっても並行品であっても、保証書に記されている内容の保証を受けることは可能です。

しかし、並行品の場合、メーカー正規のアフターサービスを受けられないケースがあるのです。とはいえ並行品を販売している店のほとんどが自店独自のアフターサービスを提供しているため、そのような店舗を選んで購入すれば心配はありません。

その他、まだ日本で販売されていないレアなモデルが手に入れられるのも並行品の魅力です。では、どのように2つの違いを見分けたらよいのでしょうか。

見分け方の1つに、ギャランティの有無があります。正規品の場合、自分の名前が日本語表記で入れられたギャランティを受け取ることができるのです。

また、商品によっては正規品の裏面にそれを証明するシールが貼ってある場合もあります。その他上述したように付属品の有無も判断材料になるでしょう。

正規の実店舗で販売されている商品は100パーセント正規品です。また、通販サイトであれば公式のサイトで購入するようにしましょう。

それ以外の通販サイトやネットオークションでは、実物を見ることができないのをいいことに並行品だと偽ってコピー品を買わされる可能性もあります。

オークションや通販での購入は、特に慎重に行なう必要があるといえます。また洋服などの場合、海外向けに作られたものと日本向けに作られたものでサイズやデザインが若干異なるケースもあります。

これも2つを見分けるポイントになるでしょう。では、どちらを購入した方が得をするのでしょうか。これは購入する商品によって条件が異なるため一概にいうことはできません。

しかし、有名なブランドの時計の中には、双方で10万円もの差がつく場合もあるのです。もちろん安いのは並行品です。

保証内容に関しても大きな違いがないため、こういったケースの場合は並行品の方が消費者へのメリットは大きいと言えます。

一方で、「自分は値段は気にしない。それよりも正規のブランドショップの紙袋や、名前の入ったギャランティが欲しい」などのこだわりを持っている人は、正規ルートで輸入された商品を購入するとよいでしょう。


口コミ・レビューの書き込みはこちらをクリック


Submit your review