ブランドコピー品について | ブランド買取比較の壱番.com



ブランド買取比較の壱番.com



ブランド品売る前に知っておきたい豆知識


コピー品のいろいろ

コピー品の販売は違法

ブランド品がブランド品と呼ばれるためには、長い歴史の中で良い物を作り続け、商品が人々に認められなければなりません。

人々に認められ愛されてこそ、ブランド品としての商品価値が高まり、多少高額でもそれを求めたいというファンができます。そのため、ブランド品はただ高額なだけでなく素材や製法、デザインなど細部にわたって洗練された製品になっています。

創業以来の伝統的な製法やデザインを継承し、時代とともに変化するニーズともうまく調和させる努力があってこそです。

ところが、そんなブランド品のコピー品を簡単に作って販売し、不当に利益を得ようという違法な業者もあらわれます。コピー品を販売する業者には、自らコピー品を製造する業者もいれば、コピー商品を仕入れて販売する業者もいます。

当然、製造から販売まで行なっている業者は、コピーとわかりながら販売しています。しかし、コピー品を仕入れて販売する業者のなかには、コピーだとわかっていて販売する業者ばかりとも限りません。

中には、正規品であると信じて仕入れたにもかかわらず、それがコピー品であったという場合もあります。その場合には、仕入れて販売する業者にとっては、コピー品を売る店というレッテルを貼られてしまいます。

本物のブランド品は、長い歴史のなかで培われた製法技術などで、第三者が簡単に同じようなものを作ることはできません。そのため、ほとんどのコピー品は、正規品を真似て区別ができないように作られていることが多いです。

しかし、素材の質感が異なっていたり、製法に明らかな差があると認められることも多いです。一般の人が初めてそのブランド品を購入する際、本物とコピー品を並べて見比べるようなことはありません。

そのため、パッと見てそれが本物かどうかを見分けることは、よっぽど雑な造りでない限りはわからないことも多いです。正規品を扱う店でも、同じ商品をいくつもの仕入れ先から別々に仕入れることはあまりありません。

そのため、正規品を仕入れているお店には正規品が自然と入ってくることが多く、その中にコピー品が混ざることはまずありません。

もし、正規品のなかに混ざっていた場合には、日々商品を扱っている店舗では容易に見破られてしまう可能性があります。逆にコピー品であることをアピールして安く売ることは違法ではないかというと、それも違法になります。

当然のことながら、コピーされた商品が多く出回ることは、正規品の流通を大きく脅かすものです。そのため、正規のブランド品のメーカーにとっては死活問題にもなりかねないコピー品に対しては、注意を呼び掛けています。

消費者にとっては、たとえ購入した商品が正規品でなくても、買う時に気づかなければ泣き寝入りになってしまうことがあります。そのようなトラブルに遭遇しないために、ブランド品を購入する際には正規品取扱店での購入することが望ましいです。

そして、あまりにも激安で買えるという店では正規品ではないというリスクもあるため、注意が必要です。また、好きなブランドの商品の特徴を事前によく知っておくというのもトラブル回避には有効です。たとえば、型番情報などでインターネットの写真を事前に確認しておくと、その外観や仕様を細かく知ることができます。

素材やカラーはもちろん、ロゴのサイズや位置などもわかるため、実際の商品を手に取るようにわかる場合もあります。もし、実際の店頭で異なる点を見つけた場合には、警戒して購入を踏みとどまることもできます。さらには、商品の入っている箱が正規品とコピー商品では異なるということもありますので注意が必要です。


口コミ・レビューの書き込みはこちらをクリック


Submit your review