ブランドゥールVSおたからや | ブランド買取比較の壱番.com



ブランド買取比較の壱番.com



ブランドゥールVSなんぼやについて徹底解剖

ブランド品の買取を後押ししてくれる買取店舗はここ数年、どんどん数を増やしています。

そうなるともはや素人の知識や考えでどの店にするか、を決めてしまうのは怖いような気もします。

そこで、多くの人は買取を考える時には複数の買取ショップのサイトを確認するのではないでしょうか。

今回はサイト掲載の情報を比べ、どちらがより信頼できるかを見ていきましょう。一つはブランドゥール、もう一つはおたからやです。

ブランドゥールのメリット・デメリット・買取ジャンル

一口でブランド品と言っても、そのジャンルは多種多様です。

多くのブランド買取店舗では、バッグや財布がメインになってくると思います。

しかし、ハイブランドの真骨頂といえばやはりパリコレなどで一流モデルたちが着こなす、そのスタイルにあるのではないでしょうか。

オートクチュールの魅力はもちろんですが、私たちが実際に着ることのできる「プレタポルテ」に世界は熱い視線を送っています。

ですので、その既製品の服=ブランド洋服もまた、ブランド買取では人気のジャンルです。

ブランド洋服の買取で高い評価を受けるのが「ブランドゥール」です。

ブランドゥールを使うメリットは、「服の買取に力を入れていること」「レディースブランド専門買取ショップと自身のサイトを紹介するほど、セグメントされたジャンルに取り組んでいること」「査定や買取に関する費用は完全無料であること」「1点1点の買取金額がわかること」です。

服の買取に関しては、期間限定で買取金額10%アップフェアなども多く行われています。

レディースブランド専門買取については、多くの人を構えれるのではなく限られたジャンルの査定を真心と真剣さを持って行うことのできる先鋭部隊で行っていることの象徴といえます。

1点1点の査定金額は、他サイトではまとめての査定額を提出されるのに対して、です。

一体どの商品が高く売れる(可能性があるのか)ということがわかるので、次の査定の際の大きな参考となります。

デメリットは、出張買取対応地区が東京23区のみであること、店舗に至っては渋谷店のみにしかないところです。

買取ジャンルは、レディースブランド洋服、ブランドバッグ、ブランドアクセサリー、ブランド財布、ブランドシューズ、ブランド時計、ブランド小物、メンズ洋服の8ジャンルです。

おたからやのメリット・デメリット・買取ジャンル

ものまね芸能人コロッケの出演するCMといえば、おたからやです。

おたからやの特徴は、ブランド品はもちろん通常・記念切手、古銭、小判、メダル、勲章、金貨、銀貨、金地金、貴金属、ダイヤ、着物などまでを取扱うジャンルの広さです。

その取扱いジャンルの広さから、テレビ番組へ商品の貸し出しをしているほどです。

おかげで、昔の貨幣やエラー硬貨といったどこに売ったらいいかわからない商品でも買い取ってもらえます。

大掃除や処分をする際、大量に出てきた骨董品などと一緒にブランド品や着物を売ることも可能です。

また、日本全国で買取店舗があることを目指し、都会・地方を問わず次々と実店舗をオープンさせています。

急速な店舗展開ができる理由は、おたからやの実店舗がフランチャイズだからです。

実店舗を増やしているということは利用者にとっては誠実さを感じられるポイントではないでしょうか。

そうはいっても、実際に査定してもらったら納得のいく金額ではなかったという場合には、おたからやがインターネットオークションへの出店代理をしてくれるサービスもあります。

もっともオークションに出品できるアイテムにブランド品は含まれませんが。

デメリットは、取扱いジャンルが広すぎてウェブサイトを見た時にどこをクリックしたらいいかわからないところです。

またフランチャイズなので、ある程度のルールはあるにしろ店舗独自の判断がなされるパターンも往々にしてあるというものです。

これにより、店舗査定額格差が生じる可能性があります。

おたからやの買取ジャンルは17で、古銭・貴金属・ロレックス・勲章、メダル・宝石・ブランドバッグ・切手・紙幣、古札・貨幣セット・大判小判・ブランド食器・鉄道模型・玩具・骨董品・カメラ・ギター・携帯電話となります。

当サイトとしての判定

では実際にブランド品の買取をしてもらうには、どちらのネットショップに依頼するのがよいのでしょうか。

当サイトでは、今回はおたからやに軍配を上げたいと思います。

おたからやの規模や知名度、そしてテレビで取り上げられているという安心感、そしてこれまでの経歴は信頼感大きいと判断しました。

両社の実際の買取金額

では両社の実際の買取金額はどのようになっているかを見ていきましょう。

今回はエルメスの「パーキン30」です。

ブランドゥールではブラック×シルバーの新品同様商品を540,000円で、おたからやでは740,000円という実績がありました。

状態が違うとはいえ、二つのサイト査定額には大きな開きが出ています。

口コミ対決

最後に両サイトの口コミです。

ブランドゥールの良い口コミは、服の買取が高額であるというものが目立ちました。

悪い口コミでは、目立ってネットで書かれることは少ないようです。

確かに実店舗の少なさなどは、宅配買取で十分カバーできるデメリットですからね。

次におたからやですが、良いものは取扱いジャンルが多い、対応が丁寧だったというものです。

悪い口コミでは、質屋のようだった、というものがあり、サイトや店舗の見た目も重視する人には悪い部分に映るようです。

口コミ・レビューの書き込みはこちらをクリック


Submit your review