ブランディアVSブランドプレミアム!!| ブランド買取比較の壱番.com



ブランド買取比較の壱番.com



ブランディアVSブランドプレミアム について徹底解剖

ブランド品の買取をネットショップにしてもらおうと思った際、知名度を取るか評判を取るかで悩んだ人もいるのではないでしょうか。

情報が溢れているネットの中で、自分の持っているアイテムを一番正当に評価してくれるショップを探すのはなかなか大変かもしれません。

そこで、今回はブランド買取では大手で知名度も高いブランディアと、ネットのみの小規模ならが評判の高いブランドプレミアムの2ショップを比較してみたいと思います。

ブランディアの特徴(メリット・デメリット・買取ジャンル)

業界大手のブランディアは知名度に関しては他とは比べようもありません。

こちらのメリットは何といっても取扱いブランドが多いことではないでしょうか。

服やバッグ、財布などの小物、時計、宝石など取扱いジャンルの中でも多数のブランドを取り扱っており、現時点でも6000以上のブランドの買取が可能です。

他の買取サイトや質屋で、取扱いブランドではないから、という理由で買い取ってもらえなかったという方には嬉しいポイントでしょう。

とにかく一度にまとめていらなくなったものを処理したい、という人にとっては取扱いジャンル&ブランドが多いというのは大きなるでしょう。

実際に、取扱いジャンル・ブランドが少ないところに査定に出した場合、買取不可という査定をされ再度送り返してもらい、もう一度他の店で査定をお願いするといった手間が生じてしまいます。

取扱いジャンルが多いことに加え、実店舗、楽天、yahoo、Amazonなど買い取った商品を売る場所も多く持っているため、買取価格に偏りが少ないのもブランディアを使うメリットです。

例えば、シャネルの買取専門店などはシャネルは高く買い取るが、ルイ・ヴィトンは買い取らないかもしくは相場よりも安い価格で買い取るということが起きます。

しかし、幅広いブランドを幅広く売れるとなればどの商品も相場価格で買い取ることが可能になります。

また、買い取りまでの流れがわかりやすいので、初心者も安心して利用できます。

ブランディアは初心者レベルでもわかりやすく、使いやすくサイトが作られているのでチャレンジしやすいのです。

しかし、そんなブランディアにもデメリットがあります。

その一つが買い取りのレベルが厳しいことです。

傷や色はげなど、使用していることで自然についてしまうものに関しても、程度が過ぎると買取できないに分類されてしまいます。

再度販売する際にはコンディションも重要な価値になるので致し方ない部分はあるかもしれませんが、ハードルが上がることに違いはありません。

ブランディアを使用する場合は貰ったものであまり使用しなかったが、ライフステージや状況の変化で既に使うタイミングがないものを処理するといった場面が最も適しているのでしょう。

最後にブランディアの買取ジャンルを見ていきます。

服・バッグ・アクセサリー・靴・財布・腕時計・貴金属・ダイヤモンド・ジュエリーなど10ジャンルを取り扱っています。

10ジャンルで6000以上のブランドとということは、単純掲載で各ジャンル600以上の取り扱いブランドがあることになります。

大概のブランドは買い取って貰えると考えてよいでしょう。

ブランドプレミアの特徴(メリット・デメリット・買取ジャンル)

続いてブランドプレミアムを見ていきます。

最大のメリットは、他店舗よりも高額買取をしてもらえるところです。

買取価格を重視する人にとっては、見逃せないポイントです。

この「高額買取」に関しては、ブランドプレミアム自体がモットーとしていることもあり、信頼がおける言葉だと思います。

それができる理由としては、広告費用は控えめにし、実店舗を持たないなどにより経費を削減し、その分を買取価格にしているといったものがあります。

広告を積極的に行うブランディアとは経営方針にだいぶ違いが見えますね。

買って使わなかった新品アイテムは、なんと80%の金額で買い取ることもしているそうです。

だいたい定価の1/3くらいになる、といわれるブランディアとの違いはかなり大きいと言えます。

法人からの買取もしている、ということで、例えば店舗を構えていて理由があり店を畳まなくてならなくなった……などの場合、スタイリスト・芸能事務所などがモデルやタレントに使用したアイテムがある場合、メーカーなどからも商品を買取ることがあるようです。

法人を相手にするとなれば、正当ではないと思われる査定額の提示はできないでしょうし、また業務的にも個人を相手にするよりは複雑になることが多いです。

法人買取も積極的にしているということは、それだけ安心感・信頼感のあるショップだといえるでしょう。

それ以外のメリットとしては、メディア(TVなど取材)での露出がある安心感があることです。

といっても、これは単純に有名だから安心というよりは、メディアに出て多くの人に注目を浴びているから悪いことが抑制される、という意味での安心感です。

一方デメリットとしては、取扱いブランド数が少ないことです。

ジャンルは幅広くしていますが、それらを総合してのブランド数が2000ブランドですので、ブランディアの1/3程度です。

しかも、これは実績のあるブランド数になるので、買取強化や高額買取のブランドとなると更に数は少なくなります。

よって心配されるのは、高額買取をして欲しくて査定に出しても買取不可になる可能性が高い、ということです。

事前に買取ブランドではない旨を伝えると査定はしてもらうようですが、結果がどうなるかは不透明です。

やはり高額買取狙いで買取強化ブランド、高額買取ブランドに狙いを定めてブランドプレミアムに出し、それ以外についてはブランディアなどの使い分けは必要そうです。

最後に買取ジャンルを紹介します。

ブランドプレミアムでは、インポートブランド品を中心に、バッグ、アパレル、時計、宝飾品、地金、金券、切手の7ジャンルです。

当社としての判断

当社としてどちらのサイトがより良いか、ということでは今回はブランドプレミアムにしたいと思います。

買取を希望する人の多くは、より高い金額がつく高額買取です。

ブランディアとブランドプレミアムですと、商品状態に左右はされますがその金額には差が生じると判断しました。

両社の実際の買取金額

では、その肝心要の買取金額を比較してみましょう。

今回比較対象にするとは、ルイ・ヴィトンのモノグラムライン ネヴァーフルMMです。

ヴィトンのアイコンバッグで、人気のモノグラムラインですので、中古品で売られていればすぐに買われてしまうアイテムです。

こちらをブランディアでは60,000円で買い取った実績があります。

ブランドプレミアムでは63,000円で、ブランドプレミアムの方が若干ではありますが高額買取と言えそうです。

両社の口コミ対決

最後に両ショップの口コミです。

ブランディアに対するいい口コミは「取扱いブランドが多い」「査定が早い」「電話対応が丁寧」「返品の際の梱包が丁寧」といったものが目立ちます。

一方、悪い口コミでは「査定金額が低い」というものが多いです。

実は、査定額が低い分、あまり流行りなどに左右されないという強みはあります。

次にブランドプレミアムですが、いい口コミでは「仮査定と本査定で金額が変わった。

でも断ると、その後査定金額を上げての再交渉をしてくれる」、「高額買取をしてもらえる」というものが多かったです。

買取販売どちらでも悪い口コミがほぼなかったのも印象的でした。

個人的にはあまりにもなさ過ぎて、反対に嘘くささを感じてしまったのですがよい印象を持っている人が多いのは確かそうです。

口コミ・レビューの書き込みはこちらをクリック


Submit your review