ブランディアVSおたからや!! | ブランド買取比較の壱番.com



ブランド買取比較の壱番.com



ブランディアVSおたからやについて徹底解剖

ブランド品を売ろうと思ったとき、多くの人は買取価格を重視すると思います。

または持っているブランド品や商品が売れるかどうか、というのを気にする人も多いでしょう。

売りたいのに売れない、が一番納得できないですからね。

それに加えて、サイトの見易さや利用しやすさも注目したいポイントです。

今回は品揃え面はもちろん、それ以外にもスポットを当て2つのブランド買取ショップを比べてみたいと思います。

比べるお店は、yahooの年間ベストショップにも選ばれたブランディアと充実の取り扱いジャンルを持つおたからやです。

まずはブランディアから見て行きましょう。

ブランディアのメリット・デメリット・買取ジャンル

買取ショップの大手と言っても過言ではないブランディアは積極的に広告をし、ブランド初心者の方が利用する機会を増やしてくれています。

ブランディアの人気を支えるのは「幅広い取扱い」と「適正な査定価格」です。

ブランド品を売ろうとした経験のある方には馴染みがあると思いますが、どんな商品でも販売できるということはありません。

切れてしまったネックレス、傷のついたブランド品、ノンブランドの貴金属など、売値の付かないアイテムは多々あります。

ブランディアでは、買取したアイテムをインターネット市場を利用して販売しているので、実店舗のみの質屋に比べると利用ユーザーには雲泥の差があります。

ということは、「値段がつかない」アイテムでも欲しいという人が見つかれば商品価値があると見なされる、ということでブランディアでは取扱いしてもらえるアイテムが多く、またその基準も幅広いということになります。

また、買取価格に関してはブランディア独自の市場相場マーケティングシステムである『DeCoシステム』を導入しているため、 常にその市況にあった「適正な査定価格」が提示される仕組みを持っています。

いろいろな事情から一時だけ爆発的な人気の出るブランドやモデル、カラーがあります。そういった変化にも柔軟に対応しつつ、定番で人気のあるものについては大きな上下幅を持たずに買取をしてもらえるという安心感もあります。

このようにブランディアでは買い取ったものを販売するルートを持ち、偏りない価格を提示することでコンスタントに利益があり、結果としてスタッフの質や取引する商品の質などを上げることができているのです。

さらに初心者に優しいサイト作りも忘れてはなりません。

自分の知りたい情報ならどこを見ればいいのか、というのが分かりやすいのもブランディアサイトの特徴です。

この大手ならではの安心が、利用者にとって大きなメリットとなることは間違いありません。

対してデメリット面は、先ほどの「適正な査定価格」が裏目に出て高額買取をしてもらえない、ということです。

よくも悪くも偏りなく買取をしてもらえるため、例えばシャネルなどの専門店や強化店と比べるとどうしても買取価格面では安くなってしまいます。

あくまでも価格重視ということであれば期待に沿えないこともありそうです。

そうは言っても、それ以外のフォロー面(スタッフ・サービス・ホームページの見易さ)などを考えれば、初心者から玄人まで気持ちよく利用できるショップには間違いありません。

ブランディアの買取ジャンルは、バッグ、財布、アクセサリー、腕時計、靴、トップス、ボトムス・スカート、その他洋服、その他の大きく7ジャンルとなります。取扱いブランドは6146件と幅広く網羅しています。

なんぼやのメリット・デメリット・価値折りジャンル

続いておたからやを見ていきましょう。

ものまね芸能人コロッケの出演するCMといえば、このおたからやです。

おたからやの特筆すべき特徴は、ブランド品はもちろん通常・記念切手、古銭、小判、メダル、勲章、金貨、銀貨、金地金、貴金属、ダイヤ、着物などまでを取扱うジャンルの広さです。

その取扱い(買取・販売)ジャンルの広さから、テレビ番組(ドラマやバラエティ)へ商品の貸し出しをしているほどです。

おかげで、昔の貨幣やエラー硬貨といったどこに売ったらいいかわからない商品でも買い取ってもらえます。

実家や蔵などの大掃除や処分をする際、大量に出てきた骨董品などと一緒にブランド品や着物を売ることも可能です。

また、日本全国で買取店舗があることを目指し、都会・地方を問わず次々と実店舗をオープンさせています。

ですので、自分の家の近くのブランド買取ショップを調べたら、おたからやだったということは多々あるかと思います。

このように急速な店舗展開ができる理由は、おたからやの実店舗がフランチャイズだからです。

査定をしてもらっているのを見ることや直接査定額を聞くことなどは、誠実な対応を求める人には大切なポイントです。

実店舗を増やしているということは利用者にとっては誠実さを感じられるポイントではないでしょうか。

そうはいっても、実際に査定してもらったら納得のいく金額ではなかった、という場合には、おたからやがインターネットオークションへの出店代理をしてくれるサービスもあります。

オークションに出品できるアイテムにブランド品は含まれませんが、出品した場合は実際に一般の人たちが買うとしたら何円なのか、というのがハッキリわかります。

デメリットは、取扱いジャンルが広すぎてウェブサイトを見た時にどこをクリックしたらいいかわからないところです。

また経営を別とする店舗経営=フランチャイズですので、ある程度のルールはあるにしろ店舗独自の判断がなされるパターンも往々にしてあるというものです。

これにより、○○店では30,000円の買取金額だったが、△△店では50,000円だったなどという店舗査定額格差が生じる可能性があります。

加えてサイトの作りが少々古めかしく、女性向けというよりは男性向けのデザインとなっていることも見る人が見ればデメリットになるかもしれません。

もっとも、これは好みの問題となるので反対に好き=メリットとなることもあるでしょうが、見易さという観点からは少々見にくいのは否めません。

おたからやの買取ジャンルは全部で17で、古銭・貴金属・ロレックス・勲章、メダル・宝石・ブランドバッグ・切手・紙幣、古札・貨幣セット・大判小判・ブランド食器・鉄道模型・玩具・骨董品・カメラ・ギター・携帯電話となります。

当社としての判定

ではブランディアとおたからや、どちらのサイトがいいかとなると当サイトではブランディアに軍配を上げたいと思います。

それは見やすいサイトとブランド品を中心に+αという取扱いの構成からです。

実際の買取金額

実際に同じ商品を買い取ってもらった際の金額をみてみましょう。

商品は人気の高いアイテムである「エルメス パーキン30」です。

ブランディア・おたからや共に700,000円でした。

もっとも、おたからやでは相場より高値での買取…というだけあり、状態によってはもう一声もあるかもしれません。

口コミ対決

最後に2つのサイトの口コミを確認してみます。

ブランディアの良い口コミでは、幅広いジャンルを取り扱っていること、比較的どんなアイテムでも査定してくれるというものが多いです。

悪い口コミでは、買取金額が高くない、安く買い取られたというものが多かったです。

次におたからやですが、良いものは取扱いジャンルが多い、対応が丁寧だったというものです。

悪い口コミでは、質屋のようだった、というものがあり、サイトや店舗の見た目も重視する人には悪い部分に映るようです。

口コミ・レビューの書き込みはこちらをクリック


Submit your review