ブランディアVSなんぼや!! | ブランド買取比較の壱番.com



ブランド買取比較の壱番.com



ブランディアVSなんぼやについて徹底解剖

ブランド品を売ろうと思ったとき、多くの人は買取価格を重視すると思います。

確かに買取価格は大事ですが、それ以外でもブランドの買取ショップを選ぶ際には注目した方がよい点もたくさんあります。

今回は価格面はもちろん、それ以外にもスポットを当て2つのブランド買取ショップを比べてみたいと思います。

比べるお店は、yahooの年間ベストショップにも選ばれたブランディアとCMや広告も積極的に行うなんぼやです。

まずはブランディアから見て行きましょう。

ブランディアのメリット・デメリット・買取ジャンル

買取ショップの大手と言っても過言ではないブランディアの知名度はとても高いです。

広く告知をする=間口が広いということは、それだけブランド初心者の方が利用する機会が増えるとも言えます。

たくさんの利用者を獲得できるというメリットはありますが、ショップ側にしてみれば初心者さんの対応という負担が大きくなるというデメリットもあります。

ブランディアはいいも悪いもまとめて受け入れることができる徹底したスタッフ教育と、資金力がある店舗です。

これらを下支えするのは、ブランディアの「幅広い取扱い」と「適正な査定価格」です。

ブランド品を売ろうとした経験のある方には馴染みがあると思いますが、どんな商品でも販売できるということはありません。

切れてしまったネックレス、傷のついたブランド品、ノンブランドの貴金属など、売値の付かないアイテムは多々あります。

ブランディアでは、買取したアイテムをインターネット市場を利用して販売しているので、実店舗のみの質屋に比べると利用ユーザーには雲泥の差があります。

ということは、「値段がつかない」アイテムでも欲しいという人が見つかれば商品価値があると見なされる、ということでブランディアでは取扱いしてもらえるアイテムが多く、またその基準も幅広いということになります。

また、買取価格に関してはブランディア独自の市場相場マーケティングシステムである『DeCoシステム』を導入しているため、 常にその市況にあった「適正な査定価格」が提示される仕組みを持っています。

いろいろな事情から一時だけ爆発的な人気の出るブランドやモデル、カラーがあります。

そういった変化にも柔軟に対応しつつ、定番で人気のあるものについては大きな上下幅を持たずに買取をしてもらえるという安心感もあります。

このようにブランディアでは買い取ったものを販売するルートを持ち、偏りない価格を提示することでコンスタントに利益があり、結果としてスタッフの質や取引する商品の質などを上げることができているのです。

この大手ならではの安心が、利用者にとって大きなメリットとなることは間違いありません。

対してデメリット面は、先ほどの「適正な査定価格」が裏目に出て高額買取をしてもらえない、ということです。

よくも悪くも偏りなく買取をしてもらえるため、例えばシャネルなどの専門店や強化店と比べるとどうしても買取価格面では安くなってしまいます。

あくまでも価格重視ということであれば期待に沿えないこともありそうです。

そうは言っても、それ以外のフォロー面(スタッフ・サービス・ホームページの見易さ)などを考えれば、初心者から玄人まで気持ちよく利用できるショップには間違いありません。

ブランディアの買取ジャンルは、バッグ、財布、アクセサリー、腕時計、靴、トップス、ボトムス・スカート、その他洋服、その他の大きく7ジャンルとなります。

取扱いブランドは6146件と幅広く網羅しています。

なんぼやのメリット・デメリット・価値折りジャンル

続いてなんぼやを見て行きましょう。

なんぼや、はその名前の通り大阪生まれのブランド買取ショップです。

年間買取実績は10万件を超える物流量の多いショップとなります。

なんぼやでは、査定士のことを「コンシェルジュ」と呼んでいるのも特徴の一つです。

なんぼやの大きなメリットは、高価買取をしてくれるというものでしょう。

その理由はインターネットを中心とした流通ルートにより、買取をした商品を海外にも販売していること。

買い取ったアイテムにバーコードを付けるなどをして、業務効率化を図りむだなコストを削減していること、キズや汚れを自社でメンテナンスをすることで買取金額から査定額を引いた金額で買取をすることが可能になったこと、徹底的な市場調査により高額販売ができるアイテムを事前に把握し、そのアイテムを買取することなどが挙げられてます。

それら高額買取の理由に加えられるのが、先ほども出たコンシェルジュの存在です。

彼らは買い取った商品が売れるアイテムかどうかを見極める審美眼を持っています。

お眼鏡にかなえば、もちろん高額買取が期待できます。

またそれ以外にも、彼らはお客さんと1対1で対応するので、ユーザーの意見を直接聞く立場にあります。

結果として、様々な意見(クレームも含め)に対応することで、誠実さのある接客につながっているのです。

また、ホームページに店頭(内装)が分かる写真が掲載されている、というのも特徴です。

いくら「お気軽にお越しください」と言われても、初めてのお店、しかも絶対お店の人と話さなくてはならないブランド買取ショップとなれば、よほど度胸がある人でなければ「緊張するなぁ」「ちょっと嫌かも」と思うと思います。

ですが、お店の雰囲気ががわかる写真があることでどんな雰囲気なのかというのが事前に確認でき、心の準備もできます。

一方デメリットは査定額が高いというものです。

一方でデメリット面では、取扱いジャンル・ブランドが少なめというところです。

より効率的な販売のために売れるアイテムの買取が大きくなっているので、人気のないブランドやなんぼや側でメンテナンスが必要なアイテムについてはかなり買取価格が下がってしまうケースもあります。

買取不可まではならずとも、それならば他に……というアイテムもあります。

買取ジャンルは、ブランド(財布中心)、金、宝石、時計、バッグ、服、食器、プラチナ、骨董品の8ジャンルとなります。

取引量は、冒頭でも触れたとおり年間10万件以上と豊富です。

当社としての判定

ではブランディアとなんぼや、どちらのサイトがいいかとなると当サイトではブランディアに軍配を上げたいと思います。

それは初心者から玄人まで幅広く対応する力と、納得の理由がある買取金額の査定が可能だからです。

納得して売れるというのが一番ですからね!

実際の買取金額

実際に同じ商品を買い取ってもらった際の金額をみてみましょう。

商品は定番アイテム「シャネル マトラッセライン Wチェーンショルダーバッグ」です。

ブランディアでは10,000円、なんぼやでは90,000円の買取実績でした。

なんぼやでは高額買取をうたっていますが、状態・アイテムの充実具合で値段が左右されます。

今時点と区切るとブランディアの方が高額買取もありそうです。

口コミ対決

最後に2つのサイトの口コミを確認してみます。

ブランディアの良い口コミでは、幅広いジャンルを取り扱っていること、比較的どんなアイテムでも査定してくれるというものが多いです。

悪い口コミでは、買取金額が高くない、安く買い取られたというものが多かったです。

次になんぼやですが、良いものはやはり高額買取をしてくれる、というものが目立ちました。

悪い口コミでは、LINE査定と実際の査定額に100分の1という差が出て、複数個出したのに査定金額が出ないアイテムがあり理由を教えてもらえなかったというものがありました。

口コミ・レビューの書き込みはこちらをクリック


Submit your review